女の子を産み分け


女の子を産み分けするにはどうしたらいいのか。先ずは、女の子を授かる理論について説明したいと思う。

 

精子には、XとY染色体があり、X染色体の精子が卵子と結合すれば、女の子を授かることになるのだそう。

 

そこで、X染色体の精子はどういうものかというと・・・アルカリ性に弱い(酸性)、寿命が2・3日、Y染色体より少ない、動きが遅いということが特徴らしい。

 

それだったら、Y染色体が圧倒的に強くて、男の子が生まれる可能性が圧倒的に高いのでは?と思いがちだけど、実際には男女の数は、ほぼハーフ&ハーフ。

 

それは、女性側の膣内が酸性だったり、子宮内がアルカリ性だったりするからなんだそう。

 

女性側が酸性のままであれば、女の子になることが期待できるんだそうで。ちなみに排卵前2・3日は酸性に傾いていることが多いのだとか。

 

その理論で考えれば、排卵日の2・3日前にタイミングを持つのが理想的らしい。

 

それで生き残った精子がうまく排卵日に卵子にたどり着けばOKなんだそう。

 

 

女の子を産むために産み分けを理解する

 

女の子を産むために夫婦で強力しなければならないこととえば3つあります。

 

まず、意外かもしれませんが禁欲です。

 

産み分けをするためには正しい排卵を予測する、ということが大切になってきます。

 

なるべく産み分けを成功させられるように、危険だと思われる時期には性交自体を控えるようにしましょう。

 

性交をするのであれば、その場合には避妊を行うようにしましょう。

 

 

避妊と産み分けというのは無関係のように感じられますが、実は関係が深いのです。

 

女の子を産みたいのであれば、排卵期以外の排卵3日前に性交をした方が良いですので、それ以外の日には性交を控えるべきなのです。

 

また、カフェインは控えるようにしましょう。

 

よくコーヒーを服用しなければ女の子を妊娠しやすくなるといわれています。

 

そのように言われています。

 

というのも、カフェインを摂取することによって男の子になるY精子が活発に動きまわるようになります。

 

そのため、できるだけこの時期にはコーヒーは控えるようにしましょう。

 

ただし、コーヒーだけでなく色々なものにカフェインが含まれています。

 

そのため栄養ドリンクなども性交前には摂取しないようにしましょう。

 

カフェイン摂取を控えることで、女の子を妊娠しやすくなるかもしれませんよ。

 

 

女の子の産み分けとサプリの活用法

 

産み分けで女の子を妊娠したい!

 

そう思っているのであれば、まずは妊娠しやすい身体にすることが第一です。

 

そこで葉酸サプリメントを飲んでみてはどうでしょうか。

 

まずはこの葉酸サプリの飲む時期を把握してみましょう。

 

そもそも葉酸サプリというのはどのような効果を得ることができるのでしょうか。

 

まずは妊娠のしやすさを向上することができ、赤ちゃんの発育をサポートすることができます。

 

さらに神経管閉鎖障害のような先天性の障害を未然に予防する、という効果も期待することができます。

 

このように母体を健康な状態にすることで、子供にも良い環境を作ることができるのです。

 

葉酸が不足をしてしまった場合、赤ちゃんにとって悪影響になってしまうだけではなく、母体にも決してよくはありません。

 

そのため、妊娠中はもちろんですが、妊活中からしっかりと葉酸サプリから葉酸を摂取してみるようにしましょう。

 

では葉酸サプリというのはいつから飲むのがベストなのでしょうか。

 

諸説あるのですが、妊活をしようと思った時点で飲み始めるのがベストです。

 

最低でも妊娠1ヶ月前からは飲み始めておく、というのが良いでしょう。

 

妊活中だからとすぐに妊娠すると思ってはいけません。

 

簡単に妊娠できない場合もありますし、すぐに妊娠することももちろんあるのです。

 

つまりは、妊娠したいと思った時から葉酸サプリは飲んでおくようにしましょう。

 

女の子の産み分けとアルコール

 

 

妊娠を考える時に注目すべきなのがアルコールとの関係です。

 

お酒を飲むと妊娠しづらくなるのではないか、といった考えを持っている女性も多いです。

 

 

アルコールの量を減らす、というのは耐えることができても全く飲まないのは無理!

 

そのような方も多いと思います。

 

そもそも妊娠準備期間とアルコールとの関係というのはどのようなものなのでしょうか。

 

まず、アルコールは全く飲んではいけないわけではありません。

 

確かに、過度の飲酒は良くありませんが、週に1回から2回であれば問題はありません。

 

また、1週間に2リットル以上のビールを飲むか、1日にグラス3杯以上のワインを飲む。

 

この2つに当てはまっているのであれば、妊娠の確率がアルコールによって下がっている可能性がありますのでお酒を控えるようにしましょう。

 

 

もちろんアルコールによって、膣内環境、精子の状態に影響を与えて、女の子の産み分けにも影響することはありますので、飲み過ぎには十分に注意しておくようにしてください。

 

アルコールの摂取量などに敏感になるのも分かりますが、あまりにも敏感になるのもまた精神的なストレスの原因になりますので、上記した一定のラインを超えない程度にアルコールを摂取してみてください。

 

 

女の子産み分けと葉酸サプリの活用法

 

いくつかの葉酸サプリというのは添加物が含まれていない、ということをアピールしています。

 

さらに、どういった向上で作られたのかを説明しているものもあります。

 

こういったものをチェックすることで安全性の高さに惹かれたのであれば、安全性を重要視して商品を選ぶ、というのも良いでしょう。

 

しかし、一部の葉酸サプリメントにおいては海外で作られているものを販売していることもあります。

 

そしてそのサプリメントには大量の添加物が使用されていることも珍しくないのです。

 

そういった商品を選んでしまうことがないように、公式ホームページで購入するようにしてください。

 

そうすれば、その商品の安全性についてより深く知ることができますし、公式ホームページからであれば偽物を販売するようなことはありません。

 

 

女の子産み分け、妊活をするために葉酸サプリを摂取したい!

 

そう思われている方は多いようですが、葉酸も一度に大量に摂取してしまうと身体に悪影響を与えてしまうことがあります。

 

普段よりもかなりデリケートな妊活中ですので、葉酸サプリメントを摂取するのであれば用法と容量を守った上で服用するようにしましょう。

 

サプリメントとはいっても過剰摂取には注意する!

 

ということを覚えておいてくださいね。

 

 

女の子産み分けと高齢出産

 

高齢出産というのは色々なリスクが内在しています。

 

そして流産をしてしまう可能性もあります。

 

若い頃と比較をするとその確率はかなり高くなります。

 

 

急激な運動をしてしまうというのも流産リスクを高める原因になります。
もちろん過労なども良くありません。

 

また、高齢出産において気を付けなければならないのが、障害を持った子供が生まれてしまう可能性がある、ということです。

 

晩婚化が進んでいることによって障害児が生まれるリスクがかなり高くなっているのです。

 

晩婚化が進む現代においては大きな問題となっていますし、今後も大きな問題となることは間違いありません。

 

 

統計からも分かっているのですが、高齢の出産になってしまうと障害のリスクというのはどうしても高くなってしまいます。

 

35歳までの出産であればまだ良いのですが、40代になるとリスクはかなり高くなってしまいます。

 

40代の出産となると1%の子供に障害が出る可能性が高くなると言われています。

 

高齢出産のリスクを考えるのであれば、障害児の検査も行うようにすべきでしょう。

 

女の子の産み分けばかりに意識を集中させていて、障害児かどうかの検査をしないのは良くありません。

 

高齢で妊娠をして出産をするからには障害児かどうかの検査をしておくというのは、非常に重要なことなんですよ。