排卵検査薬は陽性になる基準が種類によって違う!

 

排卵検査薬には陽性になる基準がそれぞれ違います。
排卵検査薬の陽性基準は、LHホルモン値で決まります。
20くらいで反応する排卵検査薬もあれば30くらいで反応する排卵検査薬もあります。
そのため、LHホルモン値が少ない頃から早々に陽性反応を示す排卵検査薬とLHホルモン値がかなり高くなってからじゃないと反応しない排卵検査薬があります。
排卵検査薬の陽性もそれぞれ違うタイミングで現れるのが特徴です。
でも、妊活を始める20代や30代は、危機感がないため、タイミング法でずっと粘ってしまう人もいるようですね。
通常は、1年程度を目途に次のステップへ進み、大体2年くらいの妊活期間になる人が多いと言われています。
それだけに、タイミング法だけに2年も3年もかけていると、やはり効率が良い妊活方法とは言えない部分もあります。
タイミング法で絶対に子供が出来ると言う保証はありません。
やはりタイミング法である程度の結果が出ないのであれば、出産のタイムリミットが迫っている人なんかは見切りをつけて進むことも大事な選択になります。
そうした選択をずるずると伸ばしているうちに、体外受精にたどり着いた頃に採卵ができず、挑戦できなくなってしまうこともありますからね。

 

 

排卵検査薬の1本当たりの価格を重視しよう!

 

海外の排卵検査薬と日本の排卵検査薬の一番の違いは『1本当たりの価格』だと思います。
海外の排卵検査薬は1本が50円くらいですが、日本の排卵検査薬は1本が500円くらい。
排卵検査薬の1本当たりの価格が違い過ぎて、長く妊活をしている人ほど、海外の排卵検査薬を愛用している人が多いですね。
やはり長期化してくると、コストも馬鹿にならないので、やっぱり安い方が経済的な負担も楽になってきます。
芸能人も妊活をしている人がいますが、やっぱり一般人とは経済的な面で、全く負担の大きさが違います!
芸能人も、確かに精神的な苦痛などを味わうかもしれませんが、経済面では一般人ほど苦しんでいる人は少ないと思います。
一般人の場合は、やっぱり精神的な苦痛にプラスして経済的な苦痛も味わうので、それが大きなストレスになって、妊活を継続するのかどうか、考えてしまうケースがあります。
少しでも不妊治療のストレスを減らすために、やっぱり経済的な余裕っていうのは、意外に大事な部分だと思います。
経済力を気にしながら妊活をしていると、それだけで精神的にイライラしたり、不安になって、ホルモンバランスが崩れてしまいますので、あまり良くありません。

 

 

妊活初心者と経験者ではお勧めする排卵検査薬が違う!

 

妊活初心者と経験者ではお勧めする排卵検査薬が違います。
妊活初心者は、排卵検査薬の使い方がわかりやすい日本製の排卵検査薬を押す人が多く、既に使い方がわかっている経験者の場合はコスパを重視して海外の排卵検査薬を押します。
初心者と経験者では、排卵検査薬に求めるものが違います。
特に排卵検査薬の費用が気になるようになってくると、どうしても割安な海外の排卵検査薬に流されてしまうことが多いですね。
タイミング法の妊活で成功している人って、基本的にはストレスがあまりなく、ゆったり過ごしている人の方が、できやすい印象があります。
妊活だと切羽詰っている感じの人は、意外に苦戦している印象。
芸能人の保田圭さんも、妊活中は言葉に敏感になってしまって、コメント欄を封鎖したっていうことがちょっと話題になりましたが、やっぱり妊活中は、神経質になっている人も多いので、知らない間にストレスを感じていることもあります。
楽観的で、「出来たらラッキー」くらいの気分で過ごしている人の方が、きっとストレスが溜まらないから、ホルモンバランスも崩れにくいのでしょうね。
神経質な人はホルモンバランスが崩れやすいので、無排卵になったり妊活に良い影響がありません。

 

 

排卵検査薬の見極めは経験を積むしかない!

 

排卵検査薬で、薄い陽性反応が出た時に、本当の陽性かどうか違いを見極めるには基礎体温が大事になります。
基本的には、排卵検査薬で薄すぎる陽性反応が出た時には陰性の可能性が高いと言われています。
排卵検査薬がそこそこ薄い陽性反応が出てくると陰性とは違い、本物の陽性反応になってくるのですが、最初はその見極め自体が非常に難しいですね。
やっぱり排卵検査薬を使って、どんどんと経験値を増やしていくしか方法がないのかなって思いました。
周りに妊活の相談を出来る人がいない場合は、思い切って病院に行くことも大事です。
やはりネットである程度のタイミング法についての質問は解決できますが、個人的な細かいケースについてまで、全部解決するのは難しいです。
そんな時に、かかりつけの医師がいると、やっぱり自分の体質にそったアドバイスを受けると、それだけ妊活だってスムーズに進みます。
やっぱり妊活は相談できる先生がいれば、それだけやり方に悩むこともなくなりますので、ストレスも感じなくなってきます。
もしも排卵検査薬だけでは、不安っていう人は、近所の不妊治療の専門病院に通いつつ、使ってみると、スッキリすると思いますのでおすすめです。

 

 

排卵検査薬は日本製も海外製も大差なし!

 

排卵検査薬は日本製と海外製では性能に大した違いはありません。
それなら、海外製の排卵検査薬通販で購入するほうがいいと思います。
だって、排卵検査薬の通販ショップは格安なんです。
テスターの作りが、若干雑になるのが海外製の排卵検査薬の特徴ですが、使い心地などはあんまり変わらないと思います。
やはり排卵検査薬の違いというよりも、使用者と排卵検査薬の相性を重視した方が良いと思います。
排卵検査薬には、それぞれ個性があり、陽性反応が出るタイミングが様々です。
そのため、自分の基礎体温とピッタリのタイミングで陽性反応が出るケースもあれば、基礎体温とはかけ離れたタイミングで陽性反応が出るケースもあります。
これは排卵検査薬が排卵日を特定する道具ではなく、あくまでLHホルモンを検知して、大体の排卵日を予想するという仕組みになっているからです。
排卵検査薬が陽性になっても、必ずしも排卵が起こるとは限らないのです。
排卵検査薬は、LHホルモン値が高ければ陽性になりますし、低ければ陰性のままです。
排卵検査薬は良くも悪くも、LHホルモン値に左右されますので、排卵が本当に起きているかどうかをチェックするためには、やっぱり病院に行く必要があります。
病院では1回2000円程度で卵胞検査を行っており、それによって排卵の有無も確認することができます。