妊婦は太り過ぎてもダメ!

 

太り過ぎの妊婦はダメ!
ここ最近、産院では、体重管理が厳しくなっていますね。
私の時も、1週間で500グラム以上の増加があると、食事指導がありました。

 

1週間で500グラム以上の増加ペースは、妊娠中毒症になってしまうと言われていましたからね。
食事は減塩だったり、脂肪分が多い食事は注意をされたり。

 

それこそ飲み物もジュースはダメでした。
産院で、それくらい食事制限を厳しくしている場合は、妊婦さんが激太りしないので、ある意味出産の時に安全です。
妊婦に体重管理を丸投げしている産院の方が、体重が増え放題になり、出産の時にリスクが出てきます。

 

妊婦は太り過ぎないように、歩いたり、家事をしたり、体を適度に動かさないとダメですね。
あんまり体を大事にし過ぎてしまうと、胎児が大きくなりすぎて、出産が非常に苦しくなってしまいます。

 

今、4キロ超えの赤ちゃんなんかが生まれてくるようですからね。
それは妊婦の時に、お母さんが運動不足だった可能性があるので、やっぱり動いた方が、生む時に楽になるので、気を付けたほうが良いと思いました。
私の友達でも、実家暮らしで動かなった人の方が、赤ちゃんの体重は重かった人が多かった印象がありますね。

 

 

男性が書く妊活ブログを読んで思うこと

 

妊活ブログで検索してみると、ブログを書いているのはほとんどが女性です。

 

 

夫婦一緒に行うものとは言っても、実際に何度も病院に行くのは女性ですから、当然と言えば当然ですね。

 

 

でも女性だけでなく男性の視点から書かれた妊活ブログもあれば良いのに…と正直思っていました。

 

そこで男性の妊活ブログについて調べてみると、意外とたくさんあることがわかったんです。

 

内容は男性自身が不妊治療を行っているものから、妊活中の奥さんを支える男性の心情を綴ったものまで様々。

 

男性の不妊治療は痛い採卵も注射もないし、正直女性の気持ちはわからないだろうと思っていました。

 

 

 

でもブログを読んでみると、男性の不妊治療も大変なことが多いようです。

 

自分を追い詰めてしまって、ウツのようになってしまう方もいるそう。

 

 

むしろ男性向けのブログが少ないからこそ、男性が書く妊活ブログはとても貴重です。

 

 

男性不妊で悩んでいる方にとっては、こういうブログがあると心強いのではないでしょうか。