排卵検査薬は調剤薬局でしか買えない!?

 

排卵検査薬はなかなかに買うのが面倒臭い、と聞いて、個人的にかなり疑問に思いました。普通にドラッグストアに行けばあるイメージだったので、しかし、実際のところ、排卵検査薬はドラッグストアでは買えないそうです。

 

なぜなら、法律の関係上、調剤薬局でしか取り扱えないことになってしまっているからです。

 

具体的に言うと、10年近く前に行われた薬事法改正の関係で、排卵検査薬のカテゴリーは「一般医療品」から「薬局医療品」に変わってしまい、従来はドラッグストアでも購入できたのですが、以降は調剤薬局でしか購入できなくなってしまったんですね。

 

ただ、調剤薬局と言っても、処方箋を持って行く必要は無いみたいです。なんだかよく分かりませんね。

 

法律のことはよく知りませんが、私達消費者にとって、排卵検査薬が買いにくくなってしまったことは間違い無いと思います。

 

ドラッグストアと違って、調剤薬局なんて近所にホイホイあるものじゃありませんから。

 

それに、薬剤師さんに直接排卵検査薬を頼むのも、なんだか恥ずかしいですよね。

 

そのため、最近は海外から通販で排卵検査薬を購入する女性も多いとのことなので、私も機会があればそちらにお世話になってみようと思います。

 

 

排卵日は生理後いつぐらいに来るの?

 

排卵期、特に排卵日間近は、女性の身体は妊娠しやすくなっているそうですね。

 

そのため、妊娠を望む場合はその時に重点的に性交渉をすべきだし、望まない場合は性交渉を避けるべきみたいです。となると、妊娠を望むにしろ望まないにしろ、自分の排卵日を知っておくのは、とても重要なことなんですね。

 

しかし、排卵日なんて生理の時と違って、そんなに大きな自覚症状はありませんから(人によっては、ホルモンの関係で、眠気、頭痛、イライラなどの症状が出るそうです)、今がそうかな、と思うことなんてそうそう無いと思います。

 

そこで、実際のところ、排卵日は生理後いつぐらいに来るのか、ちょっと調べてみました。

 

すると、どうやら生理が終わって更に生理の続いた日数が過ぎた辺りが、排卵日であることが多いと分かりました。

 

なんでも、排卵日は生理周期の真ん中辺りで来るため、次の生理開始予定日の2週間程前、つまりは生理が終わって1週間程した後という計算になるのだとか。

 

ただ、これはあくまで、生理周期(生理の始まった日から次の生理が始まる日の前日までの日数)が平均の28日の場合だそうなので、生理周期がそれより長かったり短かったりすると、排卵日のタイミングも多少は変わってくるとのことでした。