排卵検査薬といえばドゥーテスト

 

少しでも早く赤ちゃんが欲しいと、妊娠を積極的に望む多くの女性が基礎体温と排卵検査薬を使って、排卵日前後のベストタイミングを狙って受胎のための性交渉を行うという、綿密に計画を立てた行動をとられています。

 

これから妊活を行おうと思っている方々は、現在妊活中という方々の発信する情報を上手に活用してみるのもいいかもしれません。

 

妊活中の方々の発信する情報は様々ですが、とりわけこれから妊活に入る方にとって排卵検査薬の情報というのは大いに参考になるものかと思われます。

 

排卵検査薬はその名の通り排卵日がいつかを調べるための検査薬ですが、その種類は国内製品から海外製品まで含めると、本当に数えきれないくらいたくさんの種類があり、選ぶ際にどれがいいのか困ってしまうものでもあります。

 

現在販売されている排卵検査薬はおおむねどれを使っても、その精度というのは高く、ほぼ100%に近い確率で排卵日を特定することができるようになっていますから、どれを使っても判定が信用ならないということにはならないようになっています。

 

ただし、それぞれの排卵検査薬ごとに黄体形成ホルモンへの感度設定が微妙に違ったり、使いやすい使いづらい、判定が分かりやすい分かりづらいといった個性のようなものがありますから、排卵検査薬は購入前に下調べをしておくと後で失敗したと思わないで済みそうです。

 

排卵検査薬は日本国内では薬局医薬品に指定されているため、薬局でしか購入できないようになっていますが、インターネット通販サイトで排卵検査薬が販売されているのを見たことのある人も多いかと思います。

 

インターネット上で販売されているのは海外製の排卵検査薬で、海外製の嬉しいところは価格が安くて量が多いという点です。

 

しかし、説明書が日本語ではなかったり、検査薬の作りが雑だったりするので、安心して使いたいと思われる方にはやはり国内製の排卵検査薬がお勧めになります。

 

国内製の中でもロート製薬から販売されているドゥーテストは、感度は30IU/Lという高すぎず低すぎずの感度で、判定が出るまでの時間も5分で判定結果も見やすいことから、誰にでも使いやすいものとなっています。

 

そのためドゥーテストは、排卵検査薬に使い慣れた方からも分かりやすく使いやすいと人気が高く、ブログやレビューなどでも高評価を得ていて、使い慣れていない方や初めて使うという方にお勧めされている排卵検査薬でもあります。

 

ドゥーテストは7本入りで3,000円程度、12本入りで4,000円程度で購入でき、お得感のあるのは12本入りの方になりますが、価格的には国内製の排卵検査薬の中ではお手頃な価格と言えます。

 

もしも排卵検査薬の使用を考えている方で、どれを選んだらいいのか分からなくて困っているという方がいたら、使いやすくて分かりやすいと多くの方にお勧めされているドゥーテストから使い始めてみると、安心して使える上、後で失敗したと思わずに済むと言えそうです。