話題の産み分けゼリー、どうやって使うの?

 

健康で生まれてきてくれれば性別なんて関係ない、もちろんこれは妊婦さんの誰もが思っていることでしょう。
でも欲をいえば…女の子だと嬉しい、男の子だと嬉しいといった希望を持っている方も多いと思います。

 

現代医学では確実に性別の産み分けをするのは不可能ですが、希望する性別の子どもが生まれるようサポートしてくれる、産み分けゼリーというものが販売されています。
このゼリーはジェルやゼリーのようになっていて、見ただけでは何に使うものかわかりません。

 

どうやって使用するのかというと、産み分けゼリーをスポイト状の容器に入れ、性行為の前に膣内に挿入するだけ。
安全な成分を使用しており、体の負担になることはありません。
赤ちゃんの性別は男と女しかないので、希望する性別の子どもが生まれる確率は2分の1。

 

産み分けゼリーを使わなくても半々の確率ではありますが、女の子がいい、男の子がいいという希望がある場合には、使用してみるのも良いと思います。

 

 

子宝神社と言えば水天宮

 

子宝神社と聞いて、一番名前が挙がってくるのは、水天宮ではないでしょうか。

 

水天宮は、水と子どもを守護し、水難・農業・水産業・海運・水商売・子授け・安産祈願の信仰が特に深いそうです。

 

東京近辺の人は、安産祈願と言うと、水天宮を訪れる方がかなり多いイメージがあります。水天宮ですが、実は東京の水天宮は、水天宮の一つなのです。総本社は福岡県にあります。

 

そして、全国に水天宮はたくさんあるのです。北は北海道、四国にもありますし、南は熊本にもあります。

 

関東は、東京に数か所、横浜にも2か所、他の関東の県にもあり、総本社の福岡には何か所もあります。

 

そのため、水天宮で安産祈願をしたい、子授けをしてもらいたいと思ったら、最寄りの水天宮はどこか調べるのが一番手っ取り早いです。

 

東京の水天宮なら、水天宮前駅からすぐですし、何か他の用事や楽しみとともにお参りもできますから、お参りも含めて、なかなか充実した一日が過ごせるかもしれませんね。

 

子連れで子宝神社の水天宮?

 

東京の水天宮と言えば、首都圏の人が、子宝祈願や、安産祈願でお参りする人が多い神社で有名です。

 

子宝祈願や、安産祈願でお参りするとなると、上のお子さんがいらっしゃる方以外は、おひとりや夫婦等でお参りされる方が多そうですよね。

 

しかし、行ってみると驚くのが、子連れの参拝客の多さです。どうして子連れが多いのか、調べてみました。すると、答えは簡単だったのです。

 

子宝祈願や、安産祈願で、希望が叶えられた方が、今度は生まれた子供の健やかな成長をお祈りしたり、子供を授けてくださったことに対するお礼や、神様へのご報告で訪れている方が多いそうです。

 

そうなると、赤ちゃんのお宮参りが多いということになりますね。赤ちゃんが欲しくてお参りし始めて、気がつけば人生の節目のお参りは、子供と一緒に水天宮へ参拝しているという流れになっている方も多そうです。

 

子宝神社で有名な水天宮は、その家族が生涯にわたってお世話になる家族の神社になるのですね。