排卵時の痛みについて

 

生理でもないのに終わってしばらくしてからなぜか下腹部が痛くなるという経験は女性であれば一度や二度経験があるのではないでしょうか。

 

また、痛みと同時に出血が見られることがあった場合には、何か病気ではないかと不安になる人もいるかもしれません。

 

 

実は、生理前でもないのに終わってから痛くなるのはごく普通のことなので心配する必要はありません。

 

それは排卵日による不快な感覚なので、終わればまた普通の状態に戻ります。

 

 

排卵日が近づくと、下腹部の片方が痛くなったり両方とも痛くなるなど人によって症状の出方は様々ですが、排卵日になると卵巣から卵子が飛び出し、
その際に卵巣の血管を突き破ったりすると出血して、その出血が下腹部を圧迫するのでお痛みが出ることがあるのです。

 

また乱視が飛び出す前の卵胞が腹膜を刺激することで痛くなることもあるので、排卵日が近くなるとなんとなく下腹部が重くどんよりしたり、痛くなることがあっても不思議はないのです。

 

もちろん、全く症状が出ない人もいますがそれはそれで問題はないので安心して良いでしょう。

 

ただ、排卵日を過ぎても痛みが続いたり、出血が止まらないなどの症状が出た場合には婦人科系疾患も考えられますので、早めに婦人科を受診することをおすすめします。

 

 

排卵期の下腹部痛について

 

妊娠希望の女性にとって排卵日の特定はとても大事な要素となります。

 

正確な日は、排卵検査薬を使ったり、病院でエコー検査をしてもらわないとわからないのですが、自分で排卵日を知るサインが現れることがあります。

 

一つはおりものの変化が有名ですね。

 

排卵が近づくと、おりものが増えて形状も卵白のようになるものです。

 

これは、毎日おりものチェックをしていないとなかなか変化に気づくことは難しいですね。

 

それから、排卵のタイミングで下腹部痛が起こるという人もいます。

 

これを排卵痛というのですが、卵子が排出されるときに下腹部が疼くような感じで痛むのですね。

 

生理痛の軽いもの、と表現される場合もあります。

 

排卵痛が分かれば、今まさに排卵が起こっているということなので、トライのタイミングが合っていたかどうか確認するのにとても役立ちます。

 

また、排卵痛が起こっている時にトライすれば妊娠の確率も高まりますね。

 

ただ、これは人によって起こったり起こらなかったりするので、気を付けていても全然わからないという場合もよくあります。

 

分からなくても排卵検査薬や基礎体温測定である程度排卵日を特定できるので、下腹部痛がなくてもそんなにがっかりする必要はありません。

 

 

産み分けは排卵日を基準に計算される

 

 

最近、産み分けを売りにするクリニックもありますし産み分けは夢ではなく現実味を帯びたお話になりました。

 

大切なのは排卵日と精子です。まずは基礎体温を毎日測定し基礎体温表をつけることから始まります。

 

通常の体温計より婦人体温計をお勧めします。データを体温計内で保存できるものもあり非常に便利です。基礎体温は低温期と高温期の2層に分かれます。

 

低温期から高温期に移行する際、ガクッと体温が下がる日があります。このタイミングで排卵するのが一般的です。基礎体温をつけることによりだいたいの排卵日を予測できます。

 

排卵日と思われる日の4日前くらいから排卵検査薬を使用すればより確実に予測できます。

 

使用後、陽性反応がでた場合は48時間以内に排卵がおきるためその前日に性行為をすれば妊娠率が上昇します。

 

次に精子の特徴についてお話します。Y精子が男の子でX精子が女の子です。Y精子は寿命が1日で数が少なく速度も遅いです。

 

X精子は寿命が2~3日で数は多く速度は速いです。その他、酸性とアルカリ性の度合いもそれぞれ異なります。産み分けるためには膣内の酸性とアルカリ性の度合いを調整する必要があります。

 

女の子を産むためには排卵日の2~3日前に性行為をする事です。このタイミングが膣内の酸性が強くなっています。男の子を産むためには排卵日当日の性行為をすることです。

 

このタイミングは膣内もアルカリ性に変化します。よって基礎体温表をつけることは非常に重要です。生理を何周期か迎えるといつ性行為をすれば効率的に妊娠するのか計算でき産み分けもしやすくなります。

 

排卵時の痛み記事一覧

排卵障害に効果的な漢方薬排卵障害とは、卵子が育たない、排卵日に排卵しない、排卵が遅いなどの症状のことをいいます。女性側の不妊の原因の40%を占めるといわれていて、治療が必要なものです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は排卵障害の80%程度を占め最も多い原因で、卵胞が育たず排卵しないものです。主な症状としては、月経不順、無排卵、男性ホルモンの増加による多毛などです。つまり、排卵日に排卵がないのは、エス...

排卵障害がもたらす深刻な不妊症について排卵障害とは、いくつかの原因で起こります。例えばホルモン障害の場合です。ホルモンは脳の指令で出されるのもなので、脳の疾患が原因である可能性も考えられます。また卵子はあるけれど、無排卵月経という場合もあります。このような時には、精子と受精することが出来ませんから不妊症の原因になりますね。また卵管が何らかの原因で閉塞して卵子が通過できないということもあります。その...

妊娠を支える排卵周期の把握する手段について排卵の周期を知ることによって、妊娠の確立を高めることは誰にでも可能です。なかなか子供に恵まれない家庭では、女性が毎日の基礎体温を計測しながら、家族が増えるのを夢見ている場合があるのです。一方で、排卵の周期など気にすることなく妊娠する女性がいるのも現状です。どちらが幸せかは一概に判断できないものの、同じ人間でもこのような差が生じるのです。こうした事実と向き合...

明け方に排卵している場合妊活をしている女性にとって、排卵日がいつであるかということは非常に重要なことです。そしてそのタイミングを合わせることによって妊娠をする可能性を高めることが出来るのです。またこのタイミングさえうまくつかむことが出来たら、妊娠することはそう難しいことではないということが分かります。そして排卵を知る方法は排卵検査薬を使うことによって知ることが出来ます。でもあくまでも予想ですよね。...

排卵日で男の子を産み分けるには男の子を産み分けるには、性交渉を行うタイミングを排卵日にすることが重要です。精子の中には男の子になるY遺伝子を持ったものと、女の子になるX遺伝子を持ったものがあります。同じ精子であってもY遺伝子を持った精子とX遺伝子を持った精子では特徴が全く異なるため、この特徴を知った上で性交渉をすることが産み分けのためには重要なポイントとなります。男の子になるY遺伝子は酸性に弱くア...

排卵日を意識した妊活を!妊活をするにあたり、ご自身の排卵日をしっかり分かっていることが大事です。排卵日を知るためには、毎日基礎体温を付けることが重要です。朝、目が覚めたら安静な状態のまま、細かく測れる体温計で体温を測ります。枕元に用意しておけば、毎朝スムーズに検温できると思います。薬局などに基礎体温計が売ってますので、購入してお使いください。排卵日が分かったら、妊娠するための体作りをしたいと思いま...

出産予定日の計算は排卵日や月経の日を記録を元に女性にとって、妊娠・出産は人生の一大イベントといえるでしょう。「妊娠したかも」と思った方はまず妊娠検査薬や病院へ行って確認をしますよね。そこで妊娠が確実なものとなると、次に気になるのが「いつ産まれるのか」、いわゆる出産予定日です。その出産予定日については排卵日や月経の日の記録をもとに計算されているものです。計算の方法としては、最終月経の始まった日で、そ...

基礎体温で排卵日を知る方法排卵日を知る方法として、一般的なものに基礎体温で知るという方法があります。基礎体温を測るポイントは朝目が覚めて起きる前に寝た状態で測ると正確性が増すと言われています。排卵が起こるとホルモンバランスの関係で次の生理が来るまで高温期になり、生理開始から排卵前後まで低温期が続くと言われています。基礎体温が高温と低温の2層になっている事が排卵が起こっている証拠でもあり、低温の平均...

産み分けには基礎体温と排卵日が。赤ちゃんは天からの授かりものと言えども、出来れば男の子、女の子と希望がある人もいると思います。その際、産み分けとして排卵日が大きく関わってきます。というのも精子には男の子になる精子と女の子になる精子があります。このうちどちらかが卵子と受精することで性別が決まるのですが、膣内と子宮内の性質によってどちらかの精子が残りやすい、と言われています。男の子になる精子は酸性に弱...

産み分けの為には基礎体温を測って排卵日を確実に。通常、排卵日は生理が始まった約二週間ほど前に来ています。月経の周期を知ることで大まかな予測することは可能ですが、体調不良や日々のストレスなどでずれることがあります。そこで基礎体温を計ることでより正確な排卵日を予測することが可能です。基礎体温とは、就寝後目が覚めてから起き上がる前に寝たまま計った体温のことです。体温を測ることで妊娠しやすい期間を予測でき...