妊娠できない!もしかして不妊?...といった不安を抱える前に排卵日検査薬

 

結婚してすぐに子供を作ろうとする方もいれば、二人で過ごす時間を大切にしようとする方もいることでしょう。

 

どちらも大変に有意義な結婚生活ですし、子供がいてもいなくても、家族して大切に想い合える相手がいるということは幸せなことです。

 

ただ、いざ子供を授かりたいと思うようになった時、その願いが自分の想像通りには叶わなかったとしたら、誰だってショックを受けるものだろうと思います。

 

排卵日検査薬などを使ってもうまく妊娠に繋がらないとなれば、もっと早く妊活を始めるべきだったと後悔する方もいらっしゃることでしょう。

 

もしかしたら不妊症?...といった強い不安に煽られる前に、まず考えてみて欲しいこと、知っておいて欲しいことについて、このサイトでは触れていきたいと思います。

 

妊娠の確率は低くて当たり前

 

 

世間には、避妊しなければ普通に妊娠できる...と思っている方は少なくありません。

 

確かに避妊をしなければ妊娠する確率は上がる訳ですが、かと言って確実に妊娠できるという訳ではないのです。

 

そもそも妊娠の確率というものは、それ程高いものではありません。

 

一般的には、健康な男女が排卵日に合わせて普通にセックスをしても、子供を授かる確率は20%〜30%程度だと言われています。

 

この数字をぱっと目にしただけでも分かるように、妊娠する確率というものは決して高くはないのです。

 

この数字は累積妊娠率と呼ばれるもので、100組のカップルがいるとすればそのうち一周期目で妊娠するのが大体20%程度、次の周期で妊娠するのも20%程度...という風に数えられるものになります。

 

この累積妊娠率に対して言えることは、1回で妊娠する確率は高くないけれど、少なくとも繰り返せば高確率で妊娠するだろうというものになりますので、この確率があなた個人の妊娠の確率を表している訳ではありません。

 

いずれにしてみても人間の妊娠の確率は低いのものであり、新しい生命が誕生するということはそれだけ奇跡的なこと。

 

誰しもが難の問題もなく自然と叶えられることとは限らないのが、妊娠というものなのです。

 

排卵日検査薬のタイミングの取り方が間違っている可能性

 

妊娠出来ない理由としては、女性特有の病など身体に何か不安要素を抱えていないのであれば、単純に使い方やタイミングの取り方が間違っているだけということは十分に考えられます。

 

そもそも最も妊娠しやすいタイミングと言うのは排卵日当日の行為ではなく、排卵日前の行為にあるということはご存知でしょうか?

 

排卵が始まる前に精子が子宮に到達しており、待ち伏せをしている状態がベストであるということをまず知っておくことが重要です。

 

このベストタイミングについては、排卵日の2、3日前でも良いと言われています。

 

これは、1日前や排卵日当日になると精子の到着が遅れてしまい、受精卵を作るタイミングを逃してしまうことが多くなると考えられるためです。

 

排卵日検査薬は使い慣れており、いつもリズム良く排卵しているという方にとっては、排卵日を狙うばかりに毎回正確にタイミングを逃してしまっている...という可能性も考えられます。

 

卵子の妊娠に適した時間は排卵後6時間程度をピークにどんどん下がっていく一方、精子は6時間程度置いてからが活発に活動するという特性を持っています。

 

これはつまり、同時に到着したのでは擦れ違いが生じてしまうということなのです。

 

もしこの受精しやすいタイミングを間違っていたのかも...といった心当たりのある方は、一度排卵日前のタイミングを見計らってみては如何でしょうか。