排卵検査は保険適用内

                        
不妊や妊活で病院にかかると、ものすごくお金をとられるイメージがあります。実際、ようやく最近は補助金制度ができたとは言え、経済的負担が重なって、泣く泣く不妊治療を断念するというケースも、実際はまだまだあると聞きますから。

 

しかし、不妊や妊活の治療が、全て保険適用外で10割全部負担となる訳ではありません。言い換えると、保険が適用されて3割負担となる関係上、お手頃価格で受けられる治療もあるんです。例えば、排卵検査。これは、エコーを使って、卵胞の成長具合や、黄体ホルモン分泌の向上程度をチェックすることで、排卵日を予測します。

 

つまり、妊娠しやすい性交渉のタイミングを知ることができるんですね。これだと、保険適用内で3割負担なため、1回につきお値段は1500円程度だそうです。ちなみに、排卵検査は毎月生理中から生理終了直後の時期に1回受けるだけで良いため、単純に毎月1500円の出費という計算になります。

 

初診料抜きとはいえ、これは安いと思います。調剤薬局に売っている排卵検査薬だと、どんなに安くても1回分につき400円くらいはしますから。そのため、経済的負担を最小限に留めたい場合は、月1回の通院という手間はありますが、産婦人科での排卵検査が推奨されるそうです。

 

 

病院での排卵検査の料金は?

 

排卵日を予測する手段として、最近では排卵検査薬が人気を集めているそうですね。日本ではまだ、調剤薬局にしか売っていないため、ちょっと入手するまでが面倒臭そうですが、処方箋は要らないため近所に調剤薬局さえあれば、そこまで大変でもないみたいです。また、手っ取り早く海外製の排卵検査薬を個人輸入する人も多いのだとか。

 

しかし、排卵検査薬は実のところ、使い方がちょっと難しいみたいです。詳しく言うと、反応が陰性と陽性の2種類だけではなく、陽性はいくつか濃さに段階があるのだとか。そのため、くっきりとした濃い陽性になるまでの、薄い陽性を見分けて判断するまでが、中々に大変らしく、最初の数か月は上手く性交渉のタイミングをはかれないみたいです。

 

そこで、あまりそうしたことに時間をかけたくないという人には、病院での排卵検査が推奨されるそうです。そういうのって、保険が適用されないせいで料金が高いのでは、とも思えそうですが、排卵検査に限っては保険が適用されて3割負担で済むため、1回につき1500円程度しかかからないとのことでした。

 

また、排卵検査は、大抵月1回受けるだけで良いそうです。となると、排卵検査薬に比べて、時間だけでなくお金もかからないということになりますね

 

 

病院の排卵検査はエコーだから簡単!

 

タイミング法を実践する場合は、排卵日の予測が必要不可欠となります。なぜなら、妊娠しやすい性交渉のベストタイミングは、排卵日の24時間前と言われているからです。では、その排卵日を予測するためには、どういった手段があるのでしょうか?

 

最近人気のものとしては、排卵検査薬が挙げられるそうです。なんでも、妊娠検査薬と同じ要領で、尿をかけて浮かび上がって来る線又はマークの色が、陽性なら24~36時間後に排卵が生じるという合図なのだとか。しかし、実際のところ、陽性にも濃さの段階がいくつかある関係上、使い慣れるまで数か月かかることも珍しくないと聞きます。

 

そこで、もっと簡単かつ確実な予測手段を調べてみたところ、病院での排卵検査が良いと分かりました。しかし、病院に頼るとなると、色々と大掛かりになるのではないでしょうか?そんなイメージを持っていたのですが、実際は生理がある程度安定しているなら、エコーで卵胞や黄体ホルモンの状態について検査するだけで済むため、とても簡単みたいです。

 

また、排卵検査には保険が適用されるため、価格も1回につき1500円と、とてもお手頃だそうです。そのため、値段や手間の面を重視するなら、病院での排卵検査が1番とのことでした。