排卵検査薬が通販で簡単に買える

 

排卵検査薬とは、排卵日の微候を検査する道具です。
一般的に、排卵検査薬は尿中に含まれる黄体ホルモンの濃度を検査しています。黄体ホルモンは常に体内に存在していますが、特に排卵の直前に濃度が高くなり、その働きを利用して排卵日を調べます。
排卵が行われた後、卵子は12~24時間という短い時間しか寿命がないため、排卵検査薬で正確な時期を知ることで、受精の可能性を高めることが可能となります。

 

検査薬は、排卵の直前に起こる黄体ホルモンの分泌を検知しますが、検査薬を1回使っただけではなかなか正確な排卵日を知ることが難しいため、数日にわたって使ってみることをおすすめします。
どの検査薬を使用しても、判定結果の読みとり方は同じですが、体質によって判定の結果を読みとりやすいものや、逆にわかりにくい検査薬などがありますから、複数の検査薬を試してみるのもよいでしょう。

 

妊娠検査薬はドラッグストアや薬局で簡単に入手することが可能ですが、排卵検査薬は薬事法の改正によって薬局医薬品という位置づけに変更され、処方箋を取り扱う調剤薬局でのみの販売となりました。
購入する際には処方箋は必要ありませんが、以前に比べると入手しにくくなってしまいました。
医薬品のネット通販も禁止となりましたが、輸入代行という形でネット通販を行っているメーカーもありますから、近くに調剤薬局がない場合には、利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

排卵検査薬のデジタルバージョンを扱う通販

 

薬事法改正により、日本での排卵日検査薬の購入は、陳列棚に並べてある訳ではなく、病院や調剤薬局、または処方箋の受付をしているドラッグストアで購入の希望を告げ、名前や住所などを所定の用紙に記入することが義務づけられ、ものすごく面倒くさくなってしまいました。
このようなルールになってしまったため、海外の製品をネット通販で取扱っています。
人気のデジタル排卵検査薬は、アメリカ製のもので、値段的には、日本製とほぼ変わりませんが、購入方法が簡単ということで利用されている方が多くみられます。
デジタルの排卵検査薬は、自分の体のリズムをしっかり把握している方が対象となり、「黄体刺激ホルモン(LH)」のみを利用して排卵日を予測する仕様ですので、「妊娠しやすい2~3日間」のみを知ることに留まり、ごく限られた期間に使用する想定で作られていますから、例えば生理が不順気味だという方はタイミングを逃して無駄に検査してしまうということになりますので注意が必要です。
ただし、国内で販売されている一般の排卵検査薬と同程度の価格帯ながら、曖昧さのないデジタル表示で99%の正確さは持ち合わせてることは、使い捨ての検査薬より優れています。

 

 

排卵検査薬のデジタル販売なら通販

 

妊娠を望む女性なら、きちんと排卵ができているかが気になるところです。基礎体温を測ったり、病院での検診などでも確認できますが、最も手軽なのが排卵検査薬によるチェックです。
排卵の直前には、黄体形成ホルモンが急増します。排卵検査薬は、尿中の黄体形成ホルモンを検知して、陽性反応を示します。排卵後の卵子の寿命は12時間から24時間といわれていますので、強い陽性反応が出てから3日間の間に性交渉をもつと、妊娠の可能性が高まります。
妊娠検査薬は1回の使用ではわかりにくいため、何日か続けて比較します。山吹通称のデジタル排卵検査薬なら、リーズナブルな価格なので手軽に続けられ、またデジタルなので見やすく、妊娠しやすい候補日を4つ特定できるのが特徴です。わかりやすい説明書もついていますので、初心者でも安心です。
まず、生理周期にもとづいて検査開始日を決めたら、スティックホルダーに検査用スティックを挿入し、朝一番の尿をスティック先端にあてます。検査結果は5分以内に表示されます。
通販では、クレジットカード、銀行振り込み、郵便振替で支払い可能で、PayPalも使えます。まずは、新規会員登録をしてからオンラインショップで購入してください。

 

 

デジタルで判定できる排卵検査薬について

 

妊娠を希望する女性にとって、自身の排卵日を知ることは、妊娠の可能性を高めるために有効です。しかし、従来の排卵検査薬は、表示される線の濃さによって陽性か陰性かを調べるため、客観的に判断することが難しい面がありました。しかし、デジタルで判定できる排卵検査薬ならば、線の濃さと言った、見る人の主観によって判断が分かれるようなことはありません。
何故ならば、デジタルで判定できる排卵検査薬は、線ではなく丸印などのマークで検査結果が表示されるようになっており、しかも陽性の場合と陰性の場合では表示されるマークが全く別のものとなっています。従って、誰でも簡単に、そして正確に排卵日を確認することができます。
アナログの排卵検査薬と比較すると、デジタルの排卵検査薬は価格が高くなる傾向にあります。しかし、この検査薬を用いる目的は排卵日を正しく知ることで妊娠の可能性を高めることにありますから、アナログ式の場合と比べると、検査結果の正確さや、使用者の感じるストレスが低減されるメリットがあります。即ち、より正確に検査結果を判断できるので、検査をやり直すリスクが下がり、使用本数が下がるので、コストパフォーマンスに優れているといえます。

2016/09/18 19:06:18 |
妊娠線の正中線って消える?妊娠線の中でも、正中線って、1本かなり目立つ線だったりするから、産後に消えるかすごく心配になるよね。正中線は、他の妊娠線とは違って、皮膚の凹凸もないし、皮膚が変色しているだけの線に見えるんだよね。この線、普通の妊娠線とは一線画しているような気もするから、もしかして、一生消えないんじゃないかってすごく心配になってくる。実際、出産を経験している友達に聞くと、正中線がまだ少し残っているって言ってるし。ネットを見ていると、産後は消えるって書かれていたりするし。私の正中線はどうなるんだろう・・・。妊娠線の正中線って?妊娠線の中でも、色々な種類の線があるらしく、正中線と呼ばれる線...
2016/09/18 19:05:18 |
妊活の基本の「き」妊活を始めるにあたって、基本中の基本は、基礎体温。婦人科に初めて行って、基礎体温を聞かれないクリニックはほぼないと思う。2・3か月、毎朝決まった時間、もしくは難しければ、時間にかかわらず、起床時等、タイミングを決めて婦人体温計で測定するのが基礎体温。忘れそうだなとも思うけれども、枕もとに婦人体温計を置いておけば、案外習慣みたいな感じになるみたい。基礎体温を調べてみて、表のお手本みたいになれば、妊活に問題ない可能性大。お手本とは異なる感じの方は、早急に婦人科へ行くのがおすすめかな。.ブライダルチェックと妊活妊活っていう言葉が使われ始めたのは、ここ数年のこと。同様に、結婚前に婦人...
2016/09/18 19:05:18 |
妊活アプリのお知らせ機能妊活アプリのペアリズムWのお知らせ機能がすごいらしい。ウィジェット機能を利用すれば、アプリを起動しなくても、スマホのホーム画面に、その日のココロとカラダの状態がカラーで表示されたり、生理予定日や排卵日も表示されるみたい。それに加えて、お知らせ機能をオンにしておけば、生理予定日と排卵予定日を事前にお知らせしてくれるみたい。どうしても色々忘れがちな忙しい日に、スマホでお知らせしてくれると、とっても助かるよね。妊活アプリで基礎体温管理妊活で、毎日これだけはっていうものの代表的なものは、基礎体温だよね。女性体温計と基礎体温表を買って、毎日朝から体温を測って、それをペンで基礎体温...